過去の投稿

ハンドメイド鋸革ケース

鋸ケースの作り方

今回はこの鋸ケースの作り方を解説します。 この鋸ケースで使用している革の厚みは、本体部分が2㎜厚、ベルトループ部分が3㎜厚です。 このケースはつくるのが比較的簡単で初心者向けの作品ですが、この記事(鋸ケース | Classic SN/nのエピソード)にあるように簡単な割には格好よく、かつ機能面でも優れものですので、ぜひ挑戦してみてもらいたいと思います! オリジナルは型紙作成がキモ! 革ケースづくり …

傷んだ剪定ケースセット

汚れて傷んだ革をクリーニング | 革ケースの修復作業ビフォーアフター

これは、このブログで何度か紹介している赤を基調としたお揃いの剪定道具3点セットの成れの果てです。 この革ケースのエピソードはこちら【剪定革ケース3点セット製作のエピソード】 ヌメ革は使い込むほどに味わいが増して、新品にはない表情が出るのが特徴の一つですが、これはもう、、そんなものは遥か超越してますねw日焼け、擦れ、キズ、汚れ、汗、濡れ、糸のほつれなどなど、あらん限りのダメージを受けて、這う這うの体 …

レザークラフトのトコとコバ処理に必要な道具の解説!~初心者編~

コバ、トコ処理剤 革の表皮である銀面に対し、トコ(裏面)やコバ(断面)は同じ組織ですので、共通の処理剤が使えます。代表的なのはトコノールで、レザークラフトをはじめると、まず使うであろうお馴染みの処理剤です。 トコノール リンク トコプロ トコノールと同様に定番として冒頭画像のトコフィニッシュという処理剤があります。サラサラしていて、特にトコに塗り広げるのには扱いやすい処理剤ですが、少しコーティング …

ハンドメイド木鋏革ケース

木鋏ケース | Diagonal L/kのエピソード

Diagonal L/k(ダイアゴナール エル)は、Diagonal R/k(ダイアゴナール アール)とパッと見は同じです。 違いはLとR、つまり左と右です。 最初に製作したDiagonal R/k(アール)は、右利きの自分が使いやすいように右にハサミが傾いて入ります。それではDiagonal L/k(エル)は、左利きのための革ケースかというと実は違います。実際はこちらも右利きの人のためにつくりま …

ハンドメイド鉈革ケース

鉈ケース | Kolashoのエピソード

樹木剪定をすると出るのが大量の枝ごみですね。 一般の方が自宅の庭木を剪定した場合、枝ごみはたいていかなり短く切り揃えて紐でまとめ、ゴミの日に出すのだと思います。そうした後片づけの場合は、刈込鋏のような長い柄の先に剪定鋏の刃がついたような道具(太枝切鋏というらしい)が便利ですが、ある程度大雑把に刻んでトラックの荷台に載せるような場合は、鉈(なた)の方が手っ取り早いことがあります。わたしの場合、枝を細 …